WordPressに閲覧履歴を表示できるプラグインを使ってみた

WordPress Posted Display
https://ja.wordpress.org/plugins/wp-posted-display/

珍しく、WordPressプラグインの話です。

このプラグインを使った経緯

仕事で、WordPressで閲覧履歴を出したいときに、プラグインをGoogleで検索してみても、WordPress公式サイトに上がってなかったり(チェックされていないから、きちんと作られたものか不明です)、昔の記事でリンク切れだったり…と、使えるものがヒットしなくて、困っていました。

そんなとき、WordBenchの運営者で(つまりWordPressに詳しい)、PHPもできるプログラマーな方(同僚の方)が、プラグイン作ってくれました!!!
もう救われました。使ったのはほかのサイトなんですけどね。
他に救われる人はいないかなぁ。

使用手順

WordPress管理画面から、プラグインを検索してインストール!
Cookieに書き込むので、キャラクターがクッキーで、鉛筆持ってるw

閲覧履歴がだせるWordPress Posted Display

管理画面の左メニューに「Posted Display 設定」というメニューがでてくるので、それをクリック。

posted display メニュー

テンプレート設定画面に飛びます。
以下画像はこのサイトのテンプレート一覧です。

ちなみに、このプラグインは閲覧履歴だけでなく、指定カテゴリーや、指定のタグ、指定のユーザーの記事一覧も出せちゃいます。

posted display設定一覧
「グルメ」カテゴリーと、閲覧履歴と、特定の記事IDを表示。

閲覧履歴表示手順としては、

  1. テンプレート設定
  2. ショートコードを貼る or ウィジェットを設定して配置

すれば、表示されます。

 

テンプレート設定手順

「新規追加」ボタンを押すと、
以下の(テンプレート)作成画面に飛びます。

posted display 設定

テンプレート名

その名の通り、テンプレートのタイトルを書く

タイプ

なんのテンプレートか指定します。

  • Cookie→閲覧履歴
  • Posts→指定の記事
  • Categorys→指定カテゴリーIDの記事一覧
  • Tags→指定タグの記事一覧
  • Users→指定ユーザーの記事一覧…だと思う

テンプレート

HTML(必要であれば別ファイルでCSSを追加)を使って見た目を調整します。
水色の「##date##」というシャープで囲まれたものが日付だったり、記事タイトルだったり、動的に表示されるもののようです。

このプラグインは自動でリストタグ(<ul><li>)で表示しますが、記事1アイテム分の見た目を書けば、あとは自動で表示件数分を<li>タグで囲んで、同じ見た目で繰り返して表示してくれます。(意味伝わるかな…)

「##sammary##」は記事の抜粋みたいです。

画像なしパス

「##images##」を設定した時に、アイキャッチ画像を引っ張ってくるけど、アイキャッチ画像がなかった場合に代わりに出す画像のURLを記入する…んだと思います。

タイプ:クッキー設定

タイプで「Cookie」を選んだ時に、Cookieの保持期間などを記入します。基本変更しなくて良いと思います。

タイプ:投稿、カテゴリ、タグ、ユーザー設定

タイプで選らんだテンプレートによって、記入するものが変わります。「Cookies」を選んだ場合は、自動的に閲覧順となるなので、記入する必要はありません。

  • タイプが「Posts」の場合・・・表示したい記事ID
  • タイプが「Categorys」の場合・・・表示したい記事のカテゴリーID
  • タイプが「Tags」の場合・・・表示したい記事のタグID
  • タイプが「Users」の場合・・・表示したい記事のユーザーID

 

「変更を保存」を押せば、テンプレートが作成されます。

 

表示手順

ショートコードで表示したい場合

記事や、固定ページ編集画面で以下の赤枠をコピー・貼り付ければ、表示されるはずです!

ショートコードはこれ

そして、以下の「posts=”5″」の数字を変えれば、表示数が変えられます。

wp-posted-display id=”1″ posts=”5″ sort=”0″

 

ウィジェットで表示したい場合

WordPress管理画面の外観>ウィジェットに「Posted Display」というものが増えています。

Posted Displayウィジェット

これをウィジェットエリアに配置して…

Posted Display サイドバー
私は閲覧履歴はこんな設定にしています
Posted Display サイドバー
私はカテゴリー一覧はこんな設定にしています
タイトル

ウィジェットのタイトル

テンプレート

さっき設定したテンプレートの名前

並び順

その名の通り並び順。

  • Input order→入力順みたいです。
  • date descending order →翻訳をかけると、日付の降順みたいです。
  • date ascending order →翻訳をかけると、日付の降順みたいです。
  • Randam→ランダムですね。
表示数

出したい数。

 

 

 

そして、保存を押せば、設定したウィジェットエリアに出てくるはずです!!

 1度使ってみてください!(いつのまにか、アクティブインストールが 200を突破している!)

WordPress Posted Display

https://ja.wordpress.org/plugins/wp-posted-display/

おわりに

以上、プラグインの紹介と、簡単に使い方の説明でした!

プラグイン設定画面は日本語とはいえ、マニュアルがなかったので、備忘録もかねて、ブログに書きました。

ばばばばばーっ!と書いたので、微妙に間違っていたら、ごめんなさい> <

 

 

余談

Markup (JSON-LD) structured in schema.org
https://ja.wordpress.org/plugins/wp-structuring-markup/

WordPressでschema.orgをJSON-LDで出してくれるプラグイン(構造化マークアップ)も、同じ作者が作成していますので、
こちらもよかったら、使ってください!(アクティブインストールが 10,000突破!

プラグイン Add Banner Extension